サブメニュー

銀行のメリットとは?

カードローン契約先として消費者金融を選ぶ人は多いですが、銀行でも個人向けカードローンのサービスに力を入れてきています。一般的に消費者金融よりも銀行系カードローンの方が低金利なので、銀行のカードローンを申込む人もいます。

 

審査が厳しいと言われている銀行系カードローンですが、それでも選ぶ人もいるのは、金利だけが理由とは言えません。銀行系カードローンには、消費者金融にはないメリットもあります。

 

銀行のカードローンは総量規制の対象外です。総量規制とは債務者が借り過ぎないようにするための規制です。年収の1/3を超える金額の貸付けを禁止したり、50万円を超える金額の申込み時には、収入を証明する書類が必要になったりします。

 

債務者が破たんしないようにするための配慮ではありますが、これが原因で借りられなかったり、必要な書類が増えたりするのを嫌がる人もいます。総量規制対象外の銀行であれば、こういった面ではかえって消費者金融よりもスムーズな場合があります。

 

また、申込み先が、自分が普段利用している銀行であれば、安心感もあります。中には自分の口座のカードにそのままカードローンの機能をセットするタイプもあります。カードがかさばらないだけでなく、カードを見られてカードローンを利用しているとばれる可能性が低くなります。

 

口座開設が不要で専用のローンカードが発行されるオリックス銀行のタイプではキャッシュカード一体型の借り入れはできませんが、その代わりに口座を開かなくて良いので手続きが手軽です。